アイクリーム >  > 目の下のたるみを無くす為には?目の下のケアポイント術

目の下のたるみを無くす為には?目の下のケアポイント術

目の下のたるみには、適した成分が配合されているスキンケアを使う事が大事となります。
目の下のたるみに効果を発揮する成分は多々ありますが、主に下記の3つは最も重要と言えます。

保湿成分
まず1番大事なのが、保湿成分です。保湿が高まると、ふっくらハリのある目元にする事が出来ます。最も保湿成分として優れているのは、セラミドです。また、コラーゲンやエラスチンは、小じわ等に効果があるので目元のたるみに効果的です。

ビタミンC
ビタミンCには、保湿効果や抗酸化効果があるので、目の下のたるみにはとても重要な成分と言えます。肌をイキイキとさせてくれるので、目元が若々しくなります。是非摂取しましょう。

レチノール
たるみの原因は、コラーゲンの減少と言われています。レチノールは我々の体内に元からある成分で、ビタミンAの一種です。繊維芽細胞に働きかけ、真皮のコラーゲンを増殖してくれます。コラーゲンが増えると目元がパリっとしてくるので、とても必要な成分と言えます。

活性酸素を抑制する抗酸化成分

根本的に、肌が老化していくと、目元のたるみを引き起こしてしまいます。
酸化して老化し衰えていく最大の原因が、活性酸素です。

活性酸素は、我々の体内に無くてはならない成分です。
しかしそれは一定の量までの話で、一定の量を超えてしまうと悪さをし始めるの、とても厄介な存在になってしまいます。

抗酸化成分は、活性酸素を体内から除去してくれます。
抗酸化成分を摂取する事で、肌の衰えを食い止める事が可能です。
抗酸化成分で有名なのは、ポリフェノールやアスタキサンチン酸、フラーレン等です。
食べ物でも化粧品でも良いので、老化に対抗する為に摂取していきましょう。

アイクリームを使おう

目の下のたるみを目立たなくさせる為には、アイクリームが必須となります。
アイクリームは1種類ではなく、様々な種類があります。
シワに効果を発揮するものや、クマに発揮するものや、たるみに発揮してくれるものなど、その種類によって中身も違いますので、間違って使う事が無いようにしましょう。

目の下のたるみに効果を発揮させたい場合は、目の下のたるみに有効なアイクリームを選びましょう。
効果の違うアイクリームを選んで使ってしまうと、逆の効果を発揮してしまう事があり、もっと悪化に繋げてしまう事もありますので、注意しましょう。

アイクリームは正しく使わなければ効果を発揮しない

スキンケアの順番は、どうしても自分流儀になってしまいがちですよね。
しかし、スキンケアの順番を間違ってしまうと効果を台無しにしてしまう事がありますので、きちんとした順番は必須と言えます。

スキンケアの順番は、基本的には油分が少ないスキンケアから順番に肌に付けていきます。
油分の多い物を先に肌に付けてしまうと、油分で肌に膜を作ってしまうので、油分の少ないスキンケアが浸透しづらくなってしまいます。

1番油分の少ない化粧水から付けていきます。
乳液よりクリームの方が油分が多いので、乳液を付けてからアイクリームを付けるという順番になります。
さらっとした油分の少ないアイクリームの場合は、付ける乳液との濃度を比較して、どちらを先に付けるのかを決めましょう。

アイクリームの塗り方

目元の皮膚は、とてもデリケートです。
ちょっとした手の力でシワを増やしてしまう事があるほど、扱いはとても厄介と言えます。
出来るだけ力を入れず、アイクリームを塗りましょう。

指の腹を使い、力を入れず塗る事がポイントです。
力が入りづらい薬指の腹を使うと、より良いでしょう。
一般的なクリームの様にスリスリ塗らず、指の腹を使って優しくポンポンと軽く叩くように付けてあげましょう。

アイクリームを塗る前に、手のひらの上に1度乗せて人肌に温めてあげると、浸透力がUPします。
目元が特に気になる時は、温めて塗ると響き方が変わりますよ。

目の下のたるみを気になる人が確認するページ

レチノバイタルクリームの奥まで浸透する魅力的な中身をご紹介します
メルモアイクリームで、小じわの無い若々しい潤った目元に!
目の周りの小じわ何とかしたい!アイクリームでマッサージ!
ハイドロゲル アイパッチは、貼った瞬間から目元がプルプル
プチプラ アイクリーム、コスパは?効果は?

目元の衰えは、年齢を高く引き出してしまいます。特に目の下のたるみは、途端に老け顔にしてしまいます。出来れば避けたいですよね。目の下のたるみの、ポイントをまとめました。目元をスッキリさせ、若々しい目元を作り上げましょう。