アイクリーム >  > 目の下のケアをして、若々しい年齢を感じさせない目の下に

目の下のケアをして、若々しい年齢を感じさせない目の下に

目の下の老化が気になり始めてくると、ケアに力を入れてしまいますよね。
どうにか食い止めたく、頑張ってケアをしてしまうのは当たり前の事です。

目元の皮膚は、とてもデリケートです。
本来は、腫れ物を扱うようにケアしてあげなくてはいけません。
あまり力を入れてしまうと、逆に目元の負担を与えてしまいますので、優しく扱ってあげなければなりません。

目の下のケアは、間違ったケアをしてしまうと、効果を発揮しない事があります。
発揮しないどころか、逆に目の下にトラブルを招いてしまい、シワやたるみなどを引き起こしてしまう事も...

デリケートな目の下には、正しいケアをしてあげて綺麗な目元を保つようにしてあげましょう。

いきなりアイクリームは危険!

目の下のケアに必要なアイクリームですが、いきなり塗っていませんか。
洗顔後、アイクリームや目元美容液を塗ってしまう方は、要注意です。
化粧水を付ける事で、アイクリームや目元美容液を浸透しやすくする事が出来ます。
更に、油分の多いアイクリームなどを目の下に直接塗ると、その油分の負担によって荒れを発生させてしまう事がありますので、大変危険です。

必ず、化粧水を付けて乳液をつけ、その後にアイクリーム等を付けてあげましょう。
油分の多いスキンケアを先に付けるのは、意味が無いどころか負担を与えてしまいます。
きちんしたスキンケアの順番を守り、アイクリームを付けましょう。

目の下ケアにアイクリームをたっぷり塗ってはNG

目の下のケアは、化粧水と乳液を付けてからアイクリームは先程書きましたが、アイクリームの塗り方にもポイントがあります。

目の下のケアをしたいが為に、アイクリームをたっぷり塗ってしまう方が居ます。
たっぷり塗ると、その分効果が沢山得られると思うかもしれません。
しかし、アイクリームは油分が多いので、タップリ塗ってしまうと目の下の毛穴つまりの原因となってしまいます。
デリケートな目の下に負担を掛けてしまうので、アイクリーム本来の使用量を守りましょう。
アイクリームのパッケージに記載してある使用量は、メーカーさんの研究の上の根拠に基づいて決められています。
それ以上塗っても、効果が倍増なんて事はあり得ませんので、絶対に止めましょう。

目の下のケアにアイクリームを塗る時は

目の下にアイクリームを塗る場合は、力を入れて塗ってはいけません。
何度も書きますが、目の下の皮膚は物凄く薄くデリケートです。
その厚みは、茹で卵の薄皮ぐらいと言われています。
想像以上に、物凄く薄いのです。

アイクリームを目の下に塗る時は、力の入りやすい人差し指や中指を使う事は避けましょう。
1番力が入り辛く且つ塗りやすい事で最適なのが、薬指です。
薬指とネーミングが付く程、お薬を塗る事に富んでいると言われている指です。
薬指で、目の下にトントンと置いてあげるように塗りましょう。
決して、塗り込むようにゴシゴシと塗ってしまってはいけません。
ちょっとの力の差で、目の下に多大な負担を掛けてしまうので、優しく丁寧に扱ってあげましょう。

目元の血行を良くしよう

目の下のトラブルは、睡眠不足や疲れ、体温の低さなどからも起こる事があります。
それらは血行不良を引き起こし、目元に負担を与えてしまいます。
血行を良くする為に、目の下を温めてあげましょう。

1番最適なのが、蒸しタオルで目元を温める事です。
暖かいお湯にくぐらせ絞って蒸しタオルを作り、それを目の下に乗せてあげるだけです。
詰めたくなる前に、取り外しましょう。
これだけで疲れも取れ、血行が良くなっていきます。

目の下を温める事で、スキンケアの浸透も良くなっていきますので、是非試してみましょう。

目元気になる人が確認するページ

グラングレースアイクリーム、贅沢に美容成分を配合したアイクリーム
ホメオバウアイクリームは、細胞の再生ケアで、目元の悩みを集中ケア
30代のアイクリームはどれ?ホントに良いものをご紹介!
P‐エマルジョンは、まるで自宅でエステを受けた様な潤いを実感
プラソニエ プードル・プレシューズは、生コラーゲンでシワレスに

目の下は、皮膚が大変薄いので、ちょっとの事でダメージを与えてしまいます。違和感をに思えてきたら、目の下のケアをし始めましょう。目の下のケアについて、まとめてみました。綺麗な目元を、若々しい目元で居続けましょう。