アイクリーム >  > 目周りの美白をして、透明感のある綺麗な目元を作りましょう

目周りの美白をして、透明感のある綺麗な目元を作りましょう

皮膚が極薄の目の周りは、1度色素沈着してしまうと目立ちやすいパーツです。
目をこすったりアイメイクで摩擦が多いと、簡単に色素沈着してしまいます。
目の周りは、色素沈着やシミが出来てしまいやすいパーツですので、扱いには特に気を付けましょう。

美白成分が配合された、アイクリームを使ってみましょう。
肌摩擦を発生させないよう、薬指で優しくトントンと目の周りに乗せましょう。
間違っても、スルスルこするように塗ってはいけません。
スキンケア時の肌負担も、目の周りの色素沈着に繋げてしまいます。
あくまで優しく扱ってあげなければいけないパーツ、と思うように心がけましょう。

目の周りを乾燥させない

美白の為には、たっぷりのうるおいも必須です。

日が出ている時は、美白成分が効きづらいと言われています。
出勤やお出かけがある場合は、朝美白成分を肌に付けても効果を発揮できないと言えます。
美白ケアは、寝る前のスキンケアに取り入れてあげると良いでしょう。

朝のスキンケアに大事なのは、タップリの保湿を目元に与えてあげる事です。
低刺激で高保湿のスキンケアを、目元に与えてあげましょう。
また、アイクリームも、保湿力の高い物を使ってあげると、より良いでしょう。

目の周りの色素沈着を抑えるハイドロキノン

様々な美白成分がありますが、その中でもハイドロキノンは、目の周りの色素沈着に大変役立ってくれると言われています。

ハイドロキノンには、新しいメラニンの合成を抑制してくれると言われています。
お肌の天敵メラニンに対抗してくれるなんて、とても頼もしい成分ですよね。
その為、ハイドロキノンは「美白の救世主」とも呼ばれているそうです。

目の周りの色の酷さが気になる場合や、アイメイクが過剰かなと思う方には、オススメの成分と言えるでしょう。

目元に刺激を与えないスキンケア方法を

目の周りにスキンケアを肌に付ける時の肌摩擦により、目の周りに色素沈着を発生させてしまいます。
その為、スキンケア時には、肌摩擦を極力与えないようにしましょう。

クレンジングや洗顔で、肌そのものをゴシゴシ擦るのは、全くのNGです。
クレンジングは、コットンに目元専用クレンジングを染み込ませて、目の周りに乗せてあげましょう。
そうする事で、アイメイクがするっと浮かび上がってきますので、わざわざ擦らなくてもOK。
浮かび上がったメイクは、優しくコットンでふき取ってあげましょう。

また、スキンケア時には、肌に極力触れないように努力をしましょう。
特にクリームや美容液関係は、テクスチャーがドロっとしているので、ついつい目の周りにするすると塗ってしまいがちです。
目の周りにするすると塗る事自体が、絶対やってはいけない事です。
目の周りには、スキンケアを置く、という考え方で接してあげましょう。

目の周りの美白が気になる人が確認するページ

目の周りの小じわ何とかしたい!アイクリームでマッサージ!
P‐エマルジョンは、まるで自宅でエステを受けた様な潤いを実感
ハイドロゲル アイパッチは、貼った瞬間から目元がプルプル
目の下のクマ、どうにかできないの?クマを目立たなくする方法
ビーグレントータルリペアアイセラムは、たるみをUPさせる美容液
目の周りの黒クマ何とかしたい!目元のトラブル解消!

目の周りはデリケートなので、ちょっとしたダメージで、シミや色素沈着などを引き起こしてしまいます。目の周りが綺麗じゃないと、女性としてガッカリですよね。目の周りの美白について、まとめてみました。