アイクリーム >  > 目元シワはどんな化粧品を使うべき?シワの無い目元を作ろう!

目元シワはどんな化粧品を使うべき?シワの無い目元を作ろう!

見た目の印象を良くする為には、目の印象はとても大きいですよね。
目元にシワがあると、一気に老け顔に見せてしまいます。
逆を言うと、目元にシワが無ければ、いとも簡単に若々しく見せる事が出来ると言えます。

簡単には目元を若々しく保つのは、難しいですよね。
目元の皮膚は非常にデリケートなので、少しの負担で弱らせてしまう、とても厄介なパーツです。

デリケートで弱々しく扱いづらいパーツだからこそ、的確な化粧品を使い、丁寧なケアで目元のシワを無くしましょう。

目元のシワをケアするクレンジング及び洗顔方法

目元に摩擦などの負担を掛けてしまう確率が高いケアは、クレンジングと洗顔です。
汚れを落とすという行為なので、多少乱暴に扱ってしまっている方も少なくないはず。
クレンジングや洗顔は、多くの間違いをしている方が結構多いのが、現状のようです。
目元のシワを作らせない、クレンジングや洗顔は

①クレンジングはリムーバーを使う
顔と一緒のクレンジングを使うと、確実に目元にシワを作ってしまいます。特に、オイルクレンジングは刺激が強いので、絶対に使ってはいけません。目元に負担を掛けず摩擦力が少ないクレンジングは、アイメイクリムーバーを使う事です。

②洗顔は、タップリの泡を立てて洗う
洗顔時に細かいモコモコの泡を立てて、泡を肌の上で動かしながら汚れを浮かせて洗顔するのが、1番肌に負担が無い洗顔方法です。間違っても、泡立てない、指を立ててゴシゴシするなどの行為は、絶対避けましょう。即座に、シワに繋げます。

③きちんとすすぐ
クレンジングも洗顔も、最後にきちんとすすぐ事が大切となります。きちんと汚れを浮かせても、すすぎ切れていないようでは、汚れを目元に残しているのと同じになります。汚れは肌自体を劣化に招くので、必ずきちんとすすいで綺麗にしましょう。

シワに効果を発揮する成分 セラミド

目元のシワには保湿成分が有効なので、保湿成分を与えてあげましょう。
保湿成分と一口に言っても、様々な成分があるので解りかねると思います。

数ある保湿成分の中で、シワに効果を発揮してくれる期待ができる成分の1番のオススメは、セラミドです。
セラミドは、細胞間脂質の保湿成分です。
セラミドが多くなる事で、細かいちりめんジワに効果を発揮してくれると言われています。

他にも、コラーゲンやエラスチン等の保湿成分も、ちりめんジワに効果があると言われています。

シワに効果あり!抗酸化成分

肌が酸化してしまうと、老化に繋げてしまいます。
鉄が錆びてしまうのと同じで、肌も酸化するとサビます。
肌が錆びると、シワやシミ等、あらゆる肌トラブルを引き起こしてしまいます。
特に目元はデリケートなので、ちょっとの酸化で劣化を起こしてしまいます。

このサビを食い止めてくれるのが、抗酸化成分です。

抗酸化成分の中で、摂取しやすくオススメな成分は、ビタミンC誘導体です。
ビタミンCは、圧倒的に抗酸化力が強く、手頃なスキンケアにも入っている物も多いので、オススメと言えます。

ビタミンCは、そのままでは安定性が低いので、化粧品の中にはビタミンC誘導体という形で配合されています。
肌に浸透するとビタミンCに変化するので、ビタミンCを付けているのと同じ事になります。

肌の抗酸化で目元のシワに効果を発揮したい場合は、高濃度で配合されているビタミンC誘導体配合の化粧品を選んでみましょう。

目元シワが気になる人が確認するページ

レチノバイタルクリームの奥まで浸透する魅力的な中身をご紹介します
目の下のたるみに効くアイクリームのオススメはこちら!
メルモアイクリームで、小じわの無い若々しい潤った目元に!
目の下のクマ、どうにかできないの?クマを目立たなくする方法
40代からのアイクリーム、若々しい目元を作るのは?

目元にシワがあると、-10歳に老けて見せてしまう事も...目は口程に物を言うと言いますが、目の状態1つで印象を決めてしまうほど、大切なパーツです。目元のシワに効果的な化粧品は、どのようなポイントで選ぶと良いのでしょうか。