アイクリーム >  > 目の下の小じわをケアしよう!小じわの無いスッキリ目元に

目の下の小じわをケアしよう!小じわの無いスッキリ目元に

目の下に小じわが出来てしまう原因は、目の下が乾燥してしまう事が大半の要因と言えます。
乾燥してくると肌が言う事をきかなくなるので、勝手な動きをしてしまいます。
軽くシワっぽくなっていき、その程度はどんどん酷くなっていきます。
小じわの段階でしたら、タップリの水分を与えてあげると、目立たなくさせる事が出来ます。

長期に渡って乾燥したままにしておくと、シワが肌に癖として定着してしまい、ケアしても意味をなさなくなってしまう事もあります。
早目に保湿ケアをして、目元の乾燥を無くしましょう。

高保湿の化粧水や、保湿能力のある美容液など、目の下に与えてあげましょう。
メイクをした上から保湿出来る、ミスト系の化粧水を常備しておくと、気が付いた時に肌に補給が出来るので、非常に便利です。

目の下にスペシャル保湿をしよう

目の下のシワが著しく気になる場合は、タップリの保湿を与えてみましょう。
コットンパック等は、肌にタップリの水分を浸透させる事が出来るので、乾燥肌へのレスキューにもなります。

まず、より一層目の下に浸透させやすくする為に、蒸しタオル等で肌を温め、毛穴を開かせてあげると、より一層の効果を発揮します。
熱いお湯にタオルをくぐらせて、絞るだけで完成します。
濡れタオルをレンジでチンしても出来上がりますが、その際は熱さに注意して下さい。

その後、手持ちの化粧水をコットンにたっぷり染み込ませて、それを目の下に乗せるだけです。
5分ほど経つと化粧水が乾いてくるので、終了のサインです。
目の下が、しっとり潤いに満ち溢れますよ。
その後、美容液や乳液やクリームなどのスキンケアをし、完了となります。

目の下の乾燥度が気になる場合は、週2回程やってもOKです。
確実に潤うので、是非試してみてはどうでしょうか。

アイクリームを塗ろう

目の下のシワが気になる場合は、アイクリームを付けましょう。
アイクリームにも種類がありますので、間違えないで選択しましょう。
シワ用のアイクリームを選び、適量を目元に馴染ませてあげましょう。

力を入れると目元に負担がかかるので、使う指は薬指にしましょう。
目の下に擦って塗るのではなく、トントンと優しく目の下に置いてあげましょう。
スキンケアの異常な摩擦が、肌の劣化に繋げてしまう事がありますので、あくまで優しく腫れ物に触れるように付けましょう。

アイクリームとクリームは併用すべきなのか

スキンケアの最後にクリームを塗る方も居ますよね。
クリームは乳液より油分と濃度が高いので、肌簿潤いを完璧に逃したくない時に使う方が多いと思います。
特に、年齢肌の方は、乳液よりクリーム派でしょう。

そんな、スキンケアの最終工程のクリームですが、アイクリームを使った場合、その後目元にもクリームを乗せるか否か、よく解りませんよね。

基本的に、アイクリームもクリームなので、クリームの作用を担っています。
そこから考えると、アイクリームを付けたパーツには、クリームは不要と言えるでしょう。
しかし、目の下の乾燥が気になる場合は、アイクリームの上にクリームを塗った方が良いとも言われています。
その場合は、手のひらにクリームを薄く伸ばして、目の下に付けてあげると、薄っすら付ける事が出来ます。
たっぷりゴテゴテに塗るのは、絶対に避けましょう。

目の下の小じわが気になる人が確認するページ

目の下のたるみに効くアイクリームのオススメはこちら!
ビーグレントータルリペアアイセラムは、たるみをUPさせる美容液
ホメオバウアイクリームは、細胞の再生ケアで、目元の悩みを集中ケア
40代からのアイクリーム、若々しい目元を作るのは?

目の下小じわは、気が付いた初期段階にケアするのが、大事となります。まだ大丈夫と思っていたら、大変な事に...目元は大事なパーツなので、綺麗に保ちたいですよね。目の下の小じわのケアについて、まとめてみました。