アイクリーム >  > 目元のケアをしてスッキリ目元に!目元を大切にして目元を若々しく

目元のケアをしてスッキリ目元に!目元を大切にして目元を若々しく

パソコンやスマホを使っていると目を酷使してしまうので、目の疲れがどっと来る時がありますよね。
出来れば重症にならないうちに、目の疲れを取る習慣づけをして、目元の疲れを和らげましょう。
①まばたきをする習慣を
画面をジーっと見ていると、まばたきをする回数が減ってしまいます。まばたきをしないと、目に潤いが無くなってくるので酷使してしまいます。ドライアイ等は、これらが理由で起きてしまいます。気にしてまばたきをするようにし、目を湿潤状態にしてあげましょう。

②遠くを見るようにする
近くばかり見ていると、焦点距離が近すぎてしまい、目の周りの筋肉が一気に緊張してしまいます。10分に1度位は遠くを見るようにし、焦点距離に変化を付けてあげましょう。それだけでも、目の周りの筋肉をほぐす事が出来ます。

③目の玉を動かしてあげる
遠くを見た時のインターバルの際に、目をつぶって目の玉をグルグルと、まぶたの中で動かしてあげましょう。目の玉の体操になるので、目の玉の緊張度がぐっと下がってリラックスする事が出来ます。


目を温めよう

目を温めると、目元の筋肉が一気に解れ、目元がリラックスしていきます。

お湯をくぐらせて絞ったタオルを、つぶった目の上に置いてあげましょう。
ぬるくなったら、取り外す合図です。
およそ5分で、リラックスする事が出来ます。

また、市販で売っている蒸気のアイマスク等も、同様の効果を引き出してくれます。
コチラもとても便利なので、活用してみると良いでしょう。

出来れば、暖かい空間でやってあげるとより良いです。
目元だけじゃく体もリラックスしていくので、一層効果を引き出します。

アイクリームを使おう

目を酷使している人は、その負担が目元にも来ています。
目元にシワやたるみを引き起こしたり、目元が疲れ切ってしまいます。
目を酷使している方は、目元が老けている方が多い傾向があります。
目のケアと共に、目元のケアもしていきましょう。

目元は動きが激しい場所なので、乾燥を招いてしまいます。
保湿力の高い化粧水をつけ、アイクリームを塗って目元のケアをしてあげましょう。
目の酷使に負けない目元造りをしていく事も、目をケアしていく上で大切となります。

目に良いと言われている食べ物

目に良いと言われている食べ物がありますので、ケアと一緒に両立させて綺麗な目元を作り上げましょう。
①アントシアニン
ブルーベリーで有名なアントシアニンは、網膜にある成分を活性化させてくれ、目の全体の健康に役立ってくれます。ブルーベリーの他には、ぶどう、ラズベリー、赤シソ等に多く含まれていると言われています。
②アスタキサンチン
網膜に栄養を届け、見える力を作り上げてくれます。疲れ目に効果を発揮してくれると言われているので、現代人には必須成分と言えます。鮭やマス、カニ、いくらに多く含まれていると言われています。
③ルテイン
紫外線等の有害な光から、目を守ってくれる頼もしい成分です。アントシアニンと一緒に入っている、サプリメントも多く見かけますよね。カボチャやニンジン、卵黄等に多く含まれていると言われています。
④リコピン
活性酸素の影響で、目に与えるダメージを和らげてくれます。視覚障害を防ぐと言われているので、非常に目には嬉しい成分と言えます。トマトやピンクグレープフルーツ、スイカなどに多く含まれていると言われています。

このように、赤っぽい食べ物に目に良い成分が沢山配合されていると言えます。
是非積極的に摂取し、現代の生活習慣に負けない美しい目元を作り上げましょう。

目元を気になる人がチェックするページ

目の下のたるみに効くアイクリームのオススメはこちら!
レチノバイタルクリームの奥まで浸透する魅力的な中身をご紹介します
グラングレースアイクリーム、贅沢に美容成分を配合したアイクリーム
ヘレナ P.C.アイを使って、暗い目元をすっきりさせましょう。
目の下のクマ、どうにかできないの?クマを目立たなくする方法

パソコンやスマホなど、現代の生活習慣には目を酷使する事が沢山あります。目元が疲れてくると、目元の老化が激しくなるので、見た目にもカッコ悪くなってしまいます。目元のケアをして、スッキリ綺麗な目元に生まれ変わりましょう。