アイクリーム >  > 目元の乾燥対策!目元の乾燥は老け顔に繋げる!

目元の乾燥対策!目元の乾燥は老け顔に繋げる!

目元の老けは、乾燥してしまう事によって起きてしまう事が大半です。
乾燥は皮膚だけではなく、目自体が乾燥する事によって、目元の皮膚の老けに繋げてしまいます。

スキンケアと言えば保湿ですが、目元には顔の延長のスキンケアをしているだけで、目元に特化して保湿をしてあげている方は、意外と少ないようです。
目元の乾燥対策を怠っていると、目元の乾燥が酷くなっていき、小じわ等に繋げてしまいます。

更に、目自体を動かす事により、目元の筋肉を沢山使います。
酷使する事と年齢的な目元乾燥が伴い、目元にシワを作ってしまいます。
年齢を増せば仕方のない事と思われるかもしれませんが、出来れば食い止めて綺麗な目元にしたいですよね。

目元を休ませてあげよう

スマホやパソコンなど、現代は目を酷使させてしまう物であふれています。
目元を休ませてあげて、目元の負担を回避させてあげると目元が柔軟になり、乾燥から目元を守ってあげる事が出来ます。

①定期的に目を休ませる
スマホやパソコンは、見始めるとずっと見てしまう方が多いです。出来れば30分ごと等、インターバルを置いて目元を休ませてあげましょう。

②たまに遠くを見る
ずっと同じ距離で凝視していると、目のピントが合いづらくなってしまいます。たまに遠くなど見る距離を変えてあげると、目の運動になって目元が楽になっていきます。

③蒸しタオルで温めて血流をあげる
目を酷使すると、血流が悪くなってしまいます。目を温めてあげて、血流を良くしてあげると、乾燥から目元を守る事が出来ます。蒸しタオルを目の上に乗せて温めてあげるだけで、目元が柔軟になり、血流を良くさせる事が出来ます。

徹底的な保湿をしよう!

目元の乾燥を回避させる為には、徹底的な保湿をする事です。
しかし、ただ保湿をすればよいのではありません。

②洗顔後すぐにスキンケアを
洗顔後は、肌が乾燥に弱い状態になっており、そのまま放置していると目元の乾燥を招いてしまいます。洗顔後は、なるべく早くスキンケアをするようにし、目元を乾燥の状態で放置しないようにしましょう。

②スキンケアのオススメは浸透しやすい成分を
目元の皮膚は薄いので、粒子が少しでも大きいと浸透してくれません。粒子が細かく目元に浸透しやすい成分は、セラミドです。セラミドは目元の皮膚の奥まで浸透してとどまり、水分をキャッチしてくれるので、より一層保湿力が高まります。

③水分蒸発を防ぎ、伸びの良いアイクリームを
目元は皮膚が薄いので、ちょっとした事で水分が蒸発してしまいます。水分蒸発を防いでくれる、アイクリームを選びましょう。また、皮膚が薄いので、伸びの良いテクスチャーの方が目元の皮膚に負担を掛けずに済みます。

アイクリームの使い方のポイント

目元に大変効果を発揮してくれるアイクリームですが、扱い方を間違えると、効果を発揮してくれません。
アイクリームを使う際のポイントは、次の通りです。

①アイクリームはスキンケアの1番最後に
アイクリームのメーカーにもよりますが、基本的にはスキンケアの1番最後に付けてあげます。油分が少ないスキンケアから付けるのが、一般的です。

②アイクリームと一般的なクリームを併用したい場合は
アイクリームも付けて更にフェイスクリームも付けたい場合は、油分が多い方が後になります。性質を見極めて、どちらを最後にするのかを決めましょう。この時、2つのクリームが混ざってしまうと意味が無くなってしまうので、片方のクリームが落ち着いてきたら、もう1つを塗るようにしましょう。

③力を入れて塗らない
目元の皮膚は弱いので、力を入れて塗ってしまうと目元の負担をかけてしまい、乾燥に繋げてしまいます。指の腹で目元にポンポンと置くような感じで、付けてあげましょう。気になる部分には、ほんの少し重ね塗りをしてあげましょう。

目元の乾燥が気になる人がチェックするページ

目の下のたるみに効くアイクリームのオススメはこちら!
レチノバイタルクリームの奥まで浸透する魅力的な中身をご紹介します
グラングレースアイクリーム、贅沢に美容成分を配合したアイクリーム
ヘレナ P.C.アイを使って、暗い目元をすっきりさせましょう。
目の下のクマ、どうにかできないの?クマを目立たなくする方法

目元が乾燥していると、老け顔に見せてしまいますよね。目元の乾燥は、ケアによって改善が可能ですので、乾燥対策をして老け顔目元を解消しましょう。目元の乾燥対策について、まとめてみました。イキイキ目元を、作り上げましょう。