アイクリーム >  > 老け顔に見せてしまう!目のシワが出来る原因とケアを学ぼう!

老け顔に見せてしまう!目のシワが出来る原因とケアを学ぼう!

目元は、非常に皮膚が弱くてデリケートな場所です。
そんなデリケートな目元の皮膚ですが、目を使う事で大きく酷使してしまいます。
まばたきや目のピントを合わせる時に、目の筋肉は使われています。
そんな何気ない日常生活の中で、物凄く目元は酷使してしまいます。

目を酷使する事で、目元に負担がかかってシワを招いてしまいます。
目を休めたり温めるなどの、目のケアをしてあげると軽減する事が出来ます。

生活環境の中で乾燥してしまう事でも、目元のシワを招いてしまいます。
パソコンの使用やエアコン等、乾燥を招いてしまう要因は日常生活にウジャウジャ潜んでいます。
加湿器を使ったり、濡れタオルを干したりなど、空気中の水分を増やしてあげると乾燥度が落ち着きます。

メイクをゴシゴシしない

アイメイク等をゴシゴシ強くやってしまうと、その摩擦力と圧によってシワが出来てしまいます。
アイライン等は、目元になかなか乗りづらいので、ついつい強く力を入れて描いていませんか? その力が、目元にシワを招いてしまいます。

目元のシワは、摩擦でも簡単に出来上がってしまうので、とても扱いづらい場所です。
アイメイクをする時は、腫れものを触るように、本来は扱ってあげなければいけません。
しかし、出来ていない方が大半だと思います。

アイメイクが乗りづらいと思った時は、目元を横に引っ張って乗せると、上手く乗ってくれます。
極力優しく目元に乗せてあげるようにし、力任せにする事は絶対避けましょう。

目元の保湿力を高めよう

うるおいが乏しいと、皮膚が言う事をきかなくなってしまいます。
よって、シワを引き起こしてしまいます。

目元のシワが気になる場合は、たっぷりのうるおいを与えてあげましょう。
シワが気になる目元には、高保湿の化粧水を付けてあげて、シワに効果のあるアイクリームを付けてあげましょう。

化粧水を付けた後は、シワの部分に指を横に這わせて数秒置くと、化粧水の潤いがより一層深く浸透します。
ただパシャっと付けただけでは、付けた分の半分以上は蒸発してしまいますので、少し固定してあげると浸透力が高まります。

シワの部分の乗せるアイクリームは、1度手の平に乗せてあげて人肌で温めてあげましょう。
すぐ目元に付けるのではなく、少し温めてあげるだけで浸透力が高まります。
その後、トントンと指先で優しく目元に乗せてあげましょう。
伸ばすように目元にアイクリームを乗せると、その摩擦力で肌負担を生じてしまいます。

目元専用のクレンジングを使おう

アイメイクは、メイクの中でも特に力が入ってしまうパーツでは無いでしょうか。
目元がクッキリしているだけでメイクの完成度が上がりますので、時間をかけてでも綺麗に仕上げたいパーツです。

そんなアイメイクですが、アイシャドウやマスカラ等、しっかりメイクをする事が大半です。
ウオータープルーフや色素の高いアイメイクは、なかなか落ち辛いので肌負担を大きいと言えます。
アイメイクは、アイメイク専用のクレンジングを使いましょう。

理想のアイメイククレンジングは、アイメイク専用のリムーバーを使う事です。
コットンにリムーバーを付け、目元に10秒ほど置きます。
綺麗にアイメイクが浮いてくるので、その後優しく拭き取ってあげましょう。
間違っても、こすってはいけません。
こするとシワの原因になってしまいますので、絶対にしてはいけません。

目のシワを気にする人が確認するページ

目の周りの小じわ何とかしたい!アイクリームでマッサージ!
ハイドロゲル アイパッチは、貼った瞬間から目元がプルプル
ビーグレントータルリペアアイセラムは、たるみをUPさせる美容液
プチプラ アイクリーム、コスパは?効果は?
目の周りの黒クマ何とかしたい!目元のトラブル解消!

目元のシワは、顔の印象を大きく左右させてしまいます。目元にシワがあるか無いかで、見た目年齢に大きく差が出てしまいます。目元にシワが出来てしまう原因と対策を、まとめてみました。目元にシワの無い、若々しい目元になりましょう!